45歳からスタートした妊活・・・赤ちゃんは産めるのか? | 45歳で初産に成功!私のおすすめ妊活アイテムはこれ!

45歳からスタートした妊活・・・赤ちゃんは産めるのか?

妊娠に失敗した時のパターン

 

私自身は45歳で妊娠出産することが出来ました。

 

言うまでもなく45歳と言えばかなり高齢出産となります。

しかし産めないわけではないです。

 

中には45歳から妊活をスタートさせる方もいらっしゃいます。

45歳で出産するのも大変でしたから、

45歳から妊活をスタートするのって遅くない?

 

と思ってしまうところもなくはないですが、

絶対に不可能と言うわけでもありません。

 

45歳からの妊活・・・まず知っておきたいこと

不妊から妊娠した体験談

 

晩婚化と言われて久しい今の時代、

必然的に妊活を開始する年齡も高くなっています。

 

昔ではありえなかったかも知れませんが

最近では40歳を過ぎてから妊娠にチャレンジするカップルも

とても多いんです。

 

生物学的な見地で言うと

健康な女性が自然妊娠できる年齢は、

最初に排卵が起こる12歳前後から

閉経を迎える50歳前後までと言われています。

 

月経が遅い女性であれば

50歳以降でも妊娠・出産ができる可能性はありますが、

一般的には閉経の約10年前くらい、

つまり40代からは妊娠しづらくなってきます。

 

稀ですが50代を過ぎて出産する人も世界で数例報告されていますが

ほとんど難しいと思った方がいいでしょう。

 

ちなみに自然妊娠の世界最高齢はイギリスの女性で59歳だそうです。

 

厚生労働省によると2014年度、

40〜45歳の女性が出産した赤ちゃんの数は49,606人とのこと。

 

近年、他の年代での出生数は下降傾向ですが

40歳以上では年々出生数が増加しています。

 

これは先ほど書いた通り

晩婚化と妊活をスタートする時期の遅れも相まってのことでしょう。

 

ただ、高齢になればなるほど女性の卵子も男性の精子も老化し、

子供を授かることができる確率も下がっていくのは言うまでもありません。

 

したがって高齢であればあるほど不妊に悩む人の数も増えているといえますし、

妊娠できたとしても母体と胎児の両方にリスクを伴います。

 

たとえば45歳からスタートした妊活を成功させたいと考える場合

次のこともしっかり念頭に置いた方がいいでしょう。

 

高齢妊娠・高齢出産のリスク

 

妊娠中に病気にかかりやすい

 

高齢妊娠の場合、妊娠中の母体に大きな負担がかかり、

体調不良や病気になりやすくなります。

特に、高血圧による頭痛やたんぱく尿、

むくみなどの症状が現れる「妊娠高血圧症候群」を引き起こすことがあります。

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降に起きますが、

「40歳以上」の「初産婦」は特にリスクが高いとされています。

 

染色体異常・流産の確率が高まる

高齢出産での妊娠は流産率が高くなることがわかっており、

その主な原因は、胚または受精卵の染色体異常です。

男女ともに高齢になるほど精子・卵子が老化し、

特に高齢女性の場合は卵子に染色体異常をきたす確率が高くなります。

 

染色体異常の1つに「ダウン症候群」があり、

女性の出産年齢を25歳と40歳で比較すると、

40歳の女性の方が約10倍のリスクがあります。

 

赤ちゃんの死亡率が上昇する

女性の出産年齢が上がるほど周産期死亡率

(妊娠22週以降の胎児や生後1ヶ月以内の新生児の死亡率)が高くなります。

25~29歳の女性が最も周産期死亡率が低いというデータがあります

 

このように高齢での妊娠出産には様々なリスクが伴うわけです。

乗り越えていくハードルは年々高くなります。

 

45歳からスタートした妊活、可能性がないわけではない

 

このように高齢であればあるほど妊娠出産にはリスクが伴います。

 

このことはすでに周知の事実ではありますが、

私たちをとりまく生活環境や妊活への意識も、

10年、20年前とはずいぶん変わってきてますし、

40代中盤にさしかかっていたとしても

最初から妊娠をあきらめる必要はないと思っています。

 

統計的なデータを見ると、

当然生物学的な傾向に近づいていきますが、

個別具体的には、

ある人は20代前半でも不妊、ある人は40代半ばで自然妊娠する・・・

という場合も多々あるわけですから。

 

妊娠しやすい体づくりが重要

 

赤ちゃんを産みたいなら若かろうが高齢であろうが

結局のところ同じだと思うんです。

 

妊娠したいのであれば、そもそも大事なことは

何といっても妊娠しやすい体づくりがとても大事。

 

妊娠しやすい体づくりにはいくつかのポイントがあります。

 

妊活をしている人であれば

インターネットで調べたことはきっとあると思います。

ざっと並べてみると

 

・基礎体温をチェックしておく

・生理周期、排卵周期の把握

・体を冷やさない

・ストレスを溜めない

・タバコやお酒は絶対控える

・カフェインはなるべく摂らない

・バランスの良い食事を心がける

・適度な運動をする

・葉酸を摂る

 

とまあこんなところでしょうか。

基本中の基本ですが、基本がなにより大事。

一番大事なのは

妊娠するために必要な栄養を効率よく適量摂ることなのかなと思います。

 

45歳で妊活するなら夫婦関係も重要

子作りがストレスにならない工夫

妊活中は子作りがマンネリ化してしまうケースが多々あります。

子作りがマンネリ化して義務化すると本当につらいです。

これは男性も女性も同じでしょう。

 

よく目にする男性側の意見は

「子作りが義務的すぎて嫌になる」「俺は種馬じゃない」

といったところでしょうか。

 

女性からすれば

「月に一度しかないタイミングだから

あらゆることを調整してこの日にかけているのに

そのやる気のなさはなんだ!」 となりますよね。

 

でも、男性は精神構造が単純なので、

「排卵日は明後日だから今日から5日連続で子作りよ~」

なんて言おうものなら途端に元気がなくなっちゃいます。

下手をすれば「子作りED」という最悪のスパイラルに陥ることも・・・

 

とはいえ、

45歳という高齢となるとそうも言ってられません。

月に一度しか来ない大事なタイミングは

1回1回がとても大事なチャンスですからね。

 

なので夫婦関係はとても大事なのです。

 

子作りがスムーズできる方法

夫をうまく誘う方法

男性は「子作り感」を全面に出すと嫌がる傾向があります。

なので子作りをスムーズに進めるためには

女性の方で少し工夫が必要です。

 

・排卵日予測は旦那にバレないように行う

・タイミングの日はスキンシップを多めにとる

・いつもと違うメイクをする

・服装も変えてみる

・デートに行ってみる

 

などです。

 

狙った日はいつもと違うシチュエーションを演出します。

普段通りの生活にちょっとしたスパイスを入れるんですね。

たまには会社近くまでおしゃれして出向いてみたり

外食からのムード満点の夜景をみたり

そこからスキンシップを交えて

その流れで自然な感じで引き込む・・・といった感じです。

 

それでも子作りはうまくいかない時もあります。

 

たとえ妊活に協力的な旦那さんだとしても

一生懸命子作りを頑張っていると

恐れていたことが起きる確率が高まります。

 

旦那さんの元気が持続しなくなってしまうんです。

愛のある行為ではなく

「早く子作りを!」という強迫観念が伝わるんですよね。

 

そんな時はあえて雰囲気を変えるために

ちょっとしたアイテムを使ったりすると効果的です。

 

潤滑ゼリーを活用して妊娠する確率をアップ

 

たとえば私の場合は先輩ママから紹介してもらった

潤滑ゼリーが役に立ちました。

 

旦那さんが、

いつものマンネリな感じだと思ってるところに

先輩ママから紹介してもらった

「フーナーサポート潤滑ゼリー」を使ってみたところ…

 

これが意外に旦那さん的にもヒットだったようです(笑)

 

フーナーサポート潤滑ゼリーはこれ↓

フーナーサポート潤滑ゼリー

フーナーサポート潤滑ゼリー

 

潤滑ゼリーって女性の痛み軽減や男性の感度アップが

本来の目的なんですが、

それはもちろんばっちりクリアしています。

 

それだけじゃなく、

フーナーサポート潤滑ゼリーは

“妊娠する確率をアップしてくれる潤滑ゼリー“なんですね。

 

妊活中で、特に高齢の夫婦の場合は妊娠する力が弱まっているので

妊娠しやすい環境を整えてあげることはとても大事ですからね。

 

妊娠する確率をアップする潤滑ゼリー

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

精子がしっかりと卵子に行き届くために必要な

最も大事な3つ条件をクリアした潤滑ゼリーで、

精子と卵子の活動環境を最適化する・・・つまり、

妊娠する確率をアップすることを目的として作られた商品なのです。

 

大事な3つの条件って?

フーナーサポート潤滑ゼリー

特徴① 最適な粘度

 

男性から女性に到達するまでの間、

運動を制限せず確実に女性にたどり着くためには粘液の粘度がとても重要。

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

一般的な潤滑ゼリーより低い粘度で生成されています。

 

本来の潤滑ゼリーとしての役割を果たしつつも、

精子の活動を制限せず

確実に卵子にたどり着けるために必要となる最適な粘度を実現してくれます。

 

特徴② 最適なph値

 

男性の精子の寿命は女性の膣内のph値によって大きく影響されます。

もともと精子は弱アルカリ性の性質を持ち、

長く活動的に寿命を保つには

弱アルカリ性の環境が保たれることが重要と言われています。

 

一方で女性の膣内は、

雑菌の繁殖をおさえるためなどの目的から通常弱酸性の性質を帯びます。

 

排卵日前後は、女性の粘液は弱アルカリ性に近づき、

精子の活動を活発化させるための環境を整えようとしますが、

何らかの影響により粘液に変調をきたした場合には

弱酸性の性質に偏っていき精子の活動力や寿命を弱めてしまいます。

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

膣内環境が一番最適なphになり、

精子が最も活動できる環境を保つ働きをします。

 

特徴③ 最適な浸透圧

 

精子が卵子まで到達するためには、

本来女性の粘液や

男性の精子が持っている浸透圧が最も最適だと言われてます。

 

しかし、現在市販されている一般的な潤滑ゼリーは、

女性の粘液や男性の精液と比べて非常に高い浸透圧のものが大多数だそうです。

 

これでは結果精子と卵子の間に「壁」を作ってしまい、

精子が自由に卵子まで移動することができなくなってしまうというのです。

 

フーナーサポート潤滑ゼリーはこの点を改善し、

女性の粘液や男性の精子の浸透圧に限りなく近い浸透圧を持つように作られました。

 

他の製品によく見られた「壁」を作らず、

精子が卵子までスムーズな移動が可能となる環境を実現したんですね。

 

子作りのマンネリ化を防いで楽しく妊活しよう

仲良し夫婦

45歳で妊活をスタートすると、

なかなか妊娠できないと焦ります。

 

焦ってしまうと必死さが男性側に伝わり夜の営みの時に

男性が役に立たなくなってしまう場合もあります。

 

また子作り自体がマンネリ化すると

夫婦共に苦痛ですよね。

 

こうならないためにも

ちょっとした工夫とアイテムで

45歳でチャレンジしている妊活をスムーズに

楽しく進めれるよう頑張ってみましょう!

 

45歳でも可能性はある!

 

20代だろうが、40代だろうが、

簡単に授かる人もいればなかなか授からない人もいます。

 

でも赤ちゃんが欲しいと思う気持ちは誰もが持っているもの。

45歳からスタートした妊活が失敗するとは限りません。

 

高齢で初産を迎えた私みたいな人もいるし可能性は十分ありますよ!

辛くてもあきらめないで、今できることにトライしていきましょう!

妊活

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ