子作りが苦痛にならないための大事なポイントって? | 45歳で初産に成功!私のおすすめ妊活アイテムはこれ!

子作りが苦痛にならないための大事なポイントって?

夫をうまく誘う方法

 

妊活中に夫婦で良くある悩みが

「子作りが苦痛になってしまう」ことですね。

 

行為が義務的になり過ぎてしまうと特に苦痛になりがち。

 

私もいざ子作りを!と頑張り始めたんですが、

なかなか妊娠せず不妊期間が続いた時期は

同じく苦痛と感じていました。

 

早く妊娠して!妊娠さえしたらこの泥沼から抜けれるのに!!と

悲痛な気持ちが募りに募ります。

 

それでもなかなか授かることが出来ないでいると

子作りが苦痛であることも限界点が来てしまい

雰囲気が悪くもなり旦那さんもやる気がなくなってきます。

 

喧嘩する夫婦

 

一番最悪なのは行為の途中で旦那さんの元気がなくなっちゃうと

そのことが原因で「子作りED」になってしまう場合もあります。

 

こうなってしまうと、余計に子作りが苦痛になり

さらに最悪なパターンはセックスレスになってしまうこと。

 

子作りが苦痛になるきっかけ

子作りが苦痛になるきっかけは様々ですが、

多くの場合は奥さんが子作りを意識しすぎる発言が増えることかも知れません。

 

たとえば「排卵日」。

 

子供が欲しい夫婦は当然排卵日を調べてタイミングをとるわけですが、

この過程がどうしても作業化してしまいます。

 

そしていざ今日がタイミングという時に

「2日後に排卵日だからよろしく!」なんていうと

旦那さん側は一気に萎えてしまうんです。

表向きは任せて!なんて言ってても、実は精神的に追い詰められていたりします。

 

男性にとって営みにおける雰囲気はとても大事。

 

機械的だったりマンネリ化しているとなかなか難しいんです。

 

こうならないためにはある程度、

特に女性側が工夫を凝らす必要があります。

 

子作りする上で気をつけたいこと

 

子作りする上でのちょっとした工夫は

結構重要なポイントになります。

 

なんせ営みが出来なければ絶対に妊娠しませんからね。

 

私の場合、

出会った頃のようなトキメキがお互い出るように意識し、

いつもと違う服装やメイクをして色気を出す努力をしました。

 

もともと仲は良かったので、

子作りが苦痛になっていた原因が子作りになっていては

とっても寂しいですからね。

 

あとは先輩ママに紹介してもらった妊活アイテムを使いました。

 

実はもともと私は行為が長すぎると

膣口が痛くなりすぎるので嫌だったんです。

 

この点で役に立ったのが妊活アイテム「潤滑ゼリー」でした。

 

先輩ママも愛用していた

「フーナーサポート潤滑ゼリー」を使ってました。

 

この潤滑ゼリーは特に優れモノで、

妊娠する確率を上げてくれる潤滑ゼリーです。

 

この潤滑ゼリーに関する関連記事も是非読んでみてください。

旦那が子作りに協力的なる方法って?

 

子作りがうまくいくポイント

子作りがうまくいくポイントは

「如何に夜の営みで“子作り感”を出さないか」

と思ってます。

 

あ、これはもちろんなかなか授かれない夫婦にとってのことです。

 

行為が義務化しマンネリ化した場合には

是非雰囲気を変えてみることをオススメします^^

 

実際、うちの場合は雰囲気を変える+潤滑ゼリーで

結構うまく行きましたからね。

 

途中辛い時期もありましたが

あきらめず旦那をうまくのせてみることです^^

 

是非試してみてくださいね♪

今子作りが苦痛になっちゃっている人にすこしでもこの記事が役に立てばいいな♪^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ